« コッコロ&ニーノ病院に行く ~3種混合ワクチン・その1~ | トップページ | 痩せすぎている猫ちゃんはいませんか? »

コッコロ&ニーノ病院に行く ~3種混合ワクチン・その2~

3

またまた前回の続きです。

ワクチンメーカーも数社あるんですね~。
製造メーカーがちがうと効き目やワクチン株も異なるのでしょうかsign02

最近、狂犬病ワクチンの副作用を知ってからネコへのワクチン接種のことも大いに気になってしまいましたcoldsweats01

catコッコロ&ニーノの3種混合ワクチン履歴
 なんと!過去4回の接種経験にもかかわらず3メーカーも経験してました。

【幼少期】 弱毒性生ワクチン/ノビバック TRICAT ((株)インターベッド)

【昨年】 弱毒性生ワクチン/フェロセル CVR (ファイザー(株) )

【今年】 不活化ワクチン/フェロバックス3 (共立製薬株式会社)

    Package

う~ん、
動物病院によって取り扱うワクチンが違うのでしょうが、
一体違いはなんでしょうね?シロートにはさっぱりわかりません。。
人間のインフルエンザワクチンのようにその年によって流行でもあるのかしら?
それとも年齢によって違うのか。
・・・見当がつきませんthink

TNR動物福祉病院の獣医さんからの情報ですと
最近は生ワクチンより不活化ワクチンが主流で、フェロセルCVRについては昨年コッコロ&ニーノが接種したのは割と子猫に対して接種するワクチンだったとおっしゃていましたが理由がハッキリしません。

eyeglass 気になったら調べてみよう!
 動物医療に詳しそうなところに狙いを定めネットでリサーチしてみました。
 辿り着いた参考文献はコチラ、農林水産省のHP。

tauruspig 動物用医療薬品等データベース capricornushorse

~下記、データベースより一部抜粋させていただきました ~

【薬 品 名】ノビバック TRICAT

 ・猫胎子線維芽(FEF)細胞培養弱毒猫ウイルス性鼻気管炎ウイルス G2620A株  10(4.5)TCID(50)以上 
 ・ 猫胎子線維芽(FEF)細胞培養弱毒猫カリシウイルス F9株  10(4.5)TCID(50)以上 
 ・ 猫胎子線維芽(FEF)細胞培養弱毒猫汎白血球減少症ウイルス MW-1株 10(4.5)TCID(50)以上

【薬 品 名】 フェロセル CVR
・NLFK-1 細胞培養弱毒猫ウイルス性鼻気管炎ウイルス 10(3.6)TCID50以上 
・NLFK-1 細胞培養弱毒猫カリシウイルス  10(5.5)TCID50以上 
・NLFK-1 細胞培養弱毒猫汎白血球減少症ウイルス 10(2.6)TCID50以上

【薬 品 名】 フェロバックス3
・猫ウイルス性鼻気管炎ウイルス(不活化前ウイルス価) 605株   10(6.0)TCID50以上 
・猫カリシウイルス(不活化前ウイルス価) 255株  10(7.0)TCID50以上 
・猫汎白血球減少症ウイルス(不活化前ウイルス価) CU-4株   10(5.0)TCID50以上
 

うわぁーー、難解専門用語でちんぷんかんぷんsign03
それでもなんとかワクチン株は違えど、数字から判断すると似たり寄ったりなのではないでしょうか? (いい加減な私の判断(^-^;)

Dscf9529

pen今回接種した不活化ワクチン

コッコロ&ニーノは生ワクチンも不活化ワクチンも経験したことになります。
どちらもメリットとデメリットがそれぞれあることがいろんな文献で知ることが出来ます。

ただ、今回愛猫たちはちょっとだけ体調を崩しました
食欲が無かったり下痢をしてしまったので不活化ワクチンが原因かはわかりませんが負担があったのは確かですweep
でも、食欲はすぐ戻りましたし、下痢も想定内ですので怖い伝染病にかかるリスクに比べればワクチン接種をしない方が今のコッコロ&ニーノの健康状態や預かり猫catを受け入れることを考慮すれば怖いのです。


pen注射を打つ部位について

不活化ワクチンの場合だと思うのですが、注射を打った部位が腫瘍化しガンになりやすいといわれているそうですので該当される飼い主さんは要注意です!接種回数が多いほどリスクが上がります。
毎年ちょっとづつ違うところに注射を打ってもらいましょうsign01

Photo

次回から、コッコロ&ニーノの3種混合ワクチンは2年に1回にするかもしれません。
なんてったって健康はまず毎日の食事からrestaurant
免疫力を上げて病気に負けない強い身体になってもらわねばleo        

|

« コッコロ&ニーノ病院に行く ~3種混合ワクチン・その1~ | トップページ | 痩せすぎている猫ちゃんはいませんか? »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ワクチンの種類、難しいですよね。
メーカーが違うだけ?
で、生ワクチンはへってきてるんでしょうか・・・?
日本を出るとき、できれば生ワクチンを打ってもらってくださいね。って言われたんですが(詳しくは説明してくれなかったけど)そんなのどう考えても無理っぽいんです。
でも、日本も不活性化ワクチンに?
ならいいか・・・ってそれも変ですが。
全く外に出ないコとか、老ねこちゃんとか、毎年毎年必要かなぁ・・・とか、考えるとますますわかんない。
ガンになりやすい!はコワイですね。気をつけなくっちゃ。

投稿: anemone | 2010年4月 7日 (水) 01時34分

お疲れさまでしたー。

コッコロ&ニーノちゃんは2回は生ワクチンだったんですね。
生ワクチンは、なんせ生なので強力な免疫が獲得出来る反面、副反応も多いです。別のワクチンを打つまでの間隔をすこしあけないといけなかったりします。
不活化の場合は副反応は生ワクチンより少ないけど、免疫があまり持続しないので頻回の接種が必要になりますね。

メーカーの違いはヒトインフルエンザだと保存料とかそういうところの違いで、株は同じと記憶しています。

ヒトではワクチン接種部位のガン化は聞いたことがないので、こういう話をきくとヒトとは全然違うんだなー、って実感します。

投稿: モモ | 2010年4月 7日 (水) 21時30分

どっちのいいことも悪いことも聴いたけれど、
結局どちらもいいことや悪いことあって、
どちらのほうがいいって結論は出てなかったのです。
(前に本を読んだら。)一長一短??

うちのは、もともとちょっと免疫が弱いので、
すぐ胃を壊すとかで、ホリスティックに詳しいひとに
「毎年行かないほうがいい」といわれて、
2,3年に一度にしようと思っています。というより、体を壊してどうしてもそうなるパターンでした。

本当は抗体検査をして、抗体の切れているものを接種するのが
一番ベストだそうですが、3種って混合されてますしね。
抗体検査ってやらない病院も多いし高額だし...。
お金に糸目はつけたくないけれど、ないものは出せないという
難しい選択...。
保護猫の預かりさんのうちでは、個体差で
ワクチン打ってるのに白血病になった猫もいたり...
どっちのワクチンかな?たずねてみないと。
私、ちなみに免疫どちらかというと弱いほう(帯状疱疹できたり)
ですが、インフルワクチンをうってインフルになったことが。
って、別の型だったのか?ワクチンで?まではわからないんですけれど。
それ以来インフルワクチン打ってないですね...。
ただ、ボラで多少なりとも猫と接触すると、
「ワクチン打つ」必要性もとても感じますので、
その頻度が難しいです。むー。

投稿: めんまねえちゃん | 2010年4月 8日 (木) 00時33分

anemoneさん、今回のことメールで聞こうと思っていたのーー。
そちらでは1年に1回ではなく3年に1回が推奨されていますか?
日本では接種率がペット先進国よりワルいからなのか1年に1度なんて念の入れような気もしている今日このごろ。

>できれば生ワクチンを打ってもらってくださいね
その獣医さんのこだわりをもっと教えていただきたかった。気になる・・・

投稿: ぴよぴよ | 2010年4月 8日 (木) 22時16分

モモさん、専門的なご意見ありがとうございますー。
ガン化というのは稀な事例だと思うのですが、不活化ワクチンだけ腫瘍が出来やすいというのは理由がネット上では探せませんでした(ρ_;)

例の狂犬病ワクチンの副反応を知ってからネコはどうなんだろうって考えちゃいました。

結局どちらも一長一短ってことなのですかねぇ。
個人的に思うのは野良ネコちゃんに限っては他のネコと接種後すぐに遭遇しやすいから、即効性のある不活化ワクチンが適しているのかななんて勝手に想像中。

投稿: ぴよぴよ | 2010年4月 8日 (木) 22時35分

めんまねぇちゃんさん、
さすが経験豊富!2種類あることをご存知だったのですね。
コッコロ&ニーノも免疫をあげなければFIPを発症してしまう爆弾を抱えている可能性があるのでちょっとした体調不良はドキドキハラハラです。

今回行ったTNR動物福祉病院、料金がとってもお安かったんで猫ボラさんにはお薦めです。
3種混合ワクチンですと、前回お世話になったところ(普通価格でした)のたった4割のお会計!!
不妊去勢はキャンペーン期間中ですがオス3000円、メス5000円とこれまたビックリ。


投稿: ぴよぴよ | 2010年4月 8日 (木) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1102662/34110973

この記事へのトラックバック一覧です: コッコロ&ニーノ病院に行く ~3種混合ワクチン・その2~:

« コッコロ&ニーノ病院に行く ~3種混合ワクチン・その1~ | トップページ | 痩せすぎている猫ちゃんはいませんか? »