« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

この差はいったい何だろう

今年の夏、アメリカの犬猫シェルター見学に行きたいと思い下調べを始めました。
ダメもとでアメリカ観光局にも問い合わせたのですが、そういった資料サービスはありませんと返答が・・・。
結局英語サイトを自力で解読しなければならなくなりそうで道のりは長そうです(ρ_;)

あちらアメリカでは開放的な環境下で犬猫が走り回れる位のスペースをとっているところが多く、行政の他、民間で行っている大規模シェルターがあるそうなのでこの目eyeでいろいろ見てみたいのです。

アメリカの友人がcatをシェルターから引き取って飼おうと決めたとき、たくさんいる猫の中からどうやって決めるのか聞いたのが興味を持った始まりだったのですが、
「愛犬(パグ)と一緒にお見合いスペースに入った時、唯一犬を怖がらず近寄ってきた猫だったからよ」と教えてくれました。
他、現地のシェルター話をおしゃべりしてたところ日本の動物愛護センターと同じシステムではないことが解ってきたので行ってみたくなりました

そして、見学したいシェルターが見つかりました。
ユタ州のザイオン国立公園内のBestFriendsAnimalSanctuaryです。
そこは寄付によって運営されてていて、交通事故に遭った野生動物や飼い主に遺棄、虐待された動物を保護する施設event
どんな狂犬でも薬殺せず最期まで面倒を見るシェルターで、里親を募集している犬猫たちの中には1匹づつ人間の子供部屋のようなカラフルな広いお部屋で暮らしているのだとか。日本でいうと豪華diamondなペットホテルのようなお部屋なんです。

見学以外にも半日でも犬の散歩ボランティア、猫の遊び相手ボランティアなどが出来るそうなので絶対トライしてみたいです。

日本でも里親を探すことにチカラを入れている動物愛護センターがあれば見学も・・・と思ってはいますが今はまだ勇気というか現実を目の当たりにするのが怖くて行けずにいます。
おそらく犬猫を飼いたいけど私のような動物愛護センターに足を運ぶのを躊躇している方が多いんじゃないかな?

そんなことを前から考えていたら国内にも里親探しにチカラをいれている開放型シェルターを今日ネットサーフィンしていたら発見しました!
猫雑貨も購入出来るショップも兼ねていてお茶も飲んで寛げるそうなので様々な人たちが訪れそう(o^-^o)

東京キャットガーディアン(東京都/最寄駅:大塚駅)
http://www.tokyocatguardian.org/open_shelter.html

この施設の建築レイアウト、なんだか楽しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫の1日の水分必要量

猫友のオチョ君の飼い主さんのブロクを見ていたら猫の水分必要量のことが書いてありました。
1日に40mlくらいしか飲んでいない時期があったと心配している様子が伺えたので、ぴよぴよも心配になって大王たちの飲み水の摂取量を計算してみた結果・・・

 2匹合計 60~80ml (1匹あたり30~40ml)

             

      
wave 水分不足決定 wave

水分必要量
文献によると「猫の1日の水分必要量は1キロあたり60~70ml必要」とありました。
しかし、もともと猫という動物は水を好んでガブガブ飲まないので食事に含まれる水分で補なっているのです。
カリカリが主食な猫ちゃんにとっては致命傷。飼い主さんがもっと工夫をしなさいってことなんでしょうか。

理想と現実
愛猫の1日の水分必要量
 ・大王(4.38kg)=242.2~282.6ml
 ・ニーノ(3.38kg)=182.2~212.6ml

現在の水分摂取量
・80ml/匹

〔内訳〕
 ①飲み水・・・・・・・・・・ 30ml
 ②ウェットフード(50g)・・ 42.5ml ※85%が水分として計算
 ③カリカリ(75g)・・・・・  7.5ml ※10%が水分として計算
 
 ①+②+③=80ml

この結果の意味することは・・・
・大王=必要量に対して 23%しか摂取してない coldsweats02
・ニーノ=必要量に対して 30%しか 摂取してにゃーい coldsweats01

 計測した季節が冬なので夏とは違った結果なんでしょうけどちょっとヒドイのではないでしょうか。

今後の対策
ウェットフードは歯周病予防対策で少なめでしたが今後は低脂肪モノに変えて増量して様子をみます。
カリカリなどに水を含ませるアイデアもあるそうですが、我が家の猫は受け付けません・・・。

皆様の猫ちゃんはいかがですか?

なにか良い方法があれば助言お願いします。
もし、結石の猫が多いのは水分不足が原因だとしたら心配になってきませんか。

ちなみに人間は体重×33mlくらいが1日に水分を必要とするそうです。
成人女性で1.5~2.0リットルでしょうか。ぴよぴよは1リットルも飲めてないかも。

続きを読む "猫の1日の水分必要量"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワクチン接種と健康診断 ~その2~

昨日はワクチン接種について書いたので今日は続きの健康診断ネタです。

診断内容は触診からスタート。

① 猫の顔を見る
② 聴診器で心臓の音などを聞く
③ 身体のあちこちを触診する。(特にお腹の触診は時間をかけてゆっくりと)
④ 口の中を診て歯と歯茎をチェック
⑤ 最近気になる症状があるかどうかを飼い主にたずねる

以上を愛猫たちのカルテも考慮にしながら診断が続けられます。

virgo獣医さん「最近どうですか、食欲とか便の状態は?」

chickぴよぴよ「特に体調を崩すことなく元気です。食欲も以前と変わりません。
便も以前はちょっと柔便ぎみで血便も月1回くらいありましたが、ビオフェルミンS(整腸剤)のおかげで健康な状態になりました」

virgo「そうですか。良かったです!コッコロ君は今日は4.38kg、ニーノちゃんは3.38kgですね。」

chick「はい、ほとんど増減なしです。ところで歯茎が気になっているのですが・・・」

virgo「キレイになってますね。以前は歯茎が赤いところもありましたが、今はホラ、(コッコロの口を開けながら)薄いピンク色で歯石もないですよ。ニーノちゃんもとても健康で薄いピンク色、同じく歯石もないです」

chick「ありがとうございます。昨年は歯肉炎になりやすい歯茎と診断されてから気をつけるようにしてたんです。」

virgo「何をしてたんですか?」

chick「お薦めして下さった飲み水にいれるだけのマウスクリーナーです。」

・・・とまぁ、こんな感じで雑談も交えながらな健康診断でした。

20092

camera 左から2番目の黄色いボトルがマウスクリーナー。
  他は、左から浄水器、1月~2月に処方しているキャットフード
  (カリフォルニアナチュラル+ロイヤルカナン)

そして最後に獣医さんからのお知らせで、新しいワクチンも出来たのでパンフレットだけでもどうぞ。と渡されたのが
「猫エイズワクチン」!

アメリカなどでは前からあったワクチンだったそうなのですが、ようやく日本でもそのワクチンが出来るようになったとか。多頭飼いや猫の保護をしている方たちには検討しても良いワクチンかもしれないですねとおっしゃってました。
ただし、ワクチンの数がとても少ないので予約制で10日以上待ちなんだとか。

うーん。
今のところエイズワクチンは見送りかな。
エイズ検査は陰性だったし、(^-^;
それよりFIPワクチンが日本でも出来るようになって欲しいと心の中でつぶやくのでありました。

今度は2カ月後にコロナウィルスチェックで採血予定です。

P1060313

fish今日は猫の日「222」サンマを焼いて一緒に食べました。
 ニーノちゃん、血便も治って良かったね    
               

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワクチン接種と健康診断 ~その1~

毎年1回のワクチン接種の日がやって参りました。
大王コッコロとニーノは「3種混合ワクチン」という一般的な伝染病の予防接種をしてもらっています。

ワクチン接種も今回でもう4回目!
(1回目は生後2カ月、2回目は生後3カ月、後は1年ごとなので4回目)
接種後の健康状態もずっと良好ですし、ワクチンのアレルギーも出ていないので
ウイルス感染する機会を少しでも減らすことができるので毎年受けようと思ってます。

ということでG君、2カ月ぶりにコッコロに触るheart

普段全く触ることを許してくれない大王コッコロを捕獲しました。
捕獲方法は部屋の隅にある猫BOXへ追い込み、すかさず出入り口に蓋をして洗濯ネットに包んで出来上がり。

Photo

cat硬直し、鼻息が荒くなりました。。

Photo_2

cat1分くらい抱かれて、超ご立腹。
 ふにゃ~おp(`ε´q)と鳴き抵抗してます。

一方、ニーノさんの捕獲は簡単。
またたびパウダーでおびき寄せぴよぴよが抱えて洗濯ネットに入れて終了。

  ・
  ・
  ・
10分後
  ・
  ・
  ・

掛かりつけの動物病院hospitalの診察台の上です。

090221_2

cat 固まったままピクリともせず、首と背中の間の皮膚を
 びろーんと伸ばされワクチン注射。

090221_3

cat 続いてニーノさん、同じく固まったまま。
  でも皮下注射は痛みはなかったでしょ?

  ・
  ・
  ・
5時間後
  ・
  ・
  ・

大王コッコロは興奮が納まらず、帰宅後ずっと駆け回っています。

困った(ρ_;)

ワクチン接種後の激しい運動は禁止なんです
sign03

Photo_3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

7匹の猫ちゃん、里親募集

立ち退きアパート跡の公園近くで放置になった猫達の里親募集をしています。

詳細など解り次第また更新してお知らせする予定ですが、子猫5匹を保護したそうです。
もしこの春子猫を飼う予定がある方がおりましたらぴよぴよの里親探し専用のアドレスまでお知らせ下さい。
fine_hamacats@live.jp

この5匹の他にも現在「いつでも里親募集中」に掲載させて頂いているタビちゃんや生後5カ月位の子猫が保護されているそうなので皆様の応援をお願いします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
       
 タ ビ ち ゃ ん の 紹 介
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

神奈川県横浜市神奈川区

[特徴]
☆年齢:推定三歳位
☆性別:メス
☆特徴:かしこそうなグリーンの目で、尻尾は長くて真っ直ぐです。
    猫らしい気質で、狙いをつけた人にひたすらなつきます♪
    仮名の由来は、白いタビを履いている様な柄だから(^^;
[経緯]
緑地保護地区の付近で保護されました。
不妊、ワクチン、駆虫済みです。
保護宅では、次々と保護された子猫が入ってきて、
強いストレスを受けていると思われるため、里親を探しております。

[その他]
・ひとり暮らしの方や、留守番時間の長い方でもOKです。
・できたら横浜近辺にお住まいの方を希望しております。
・お見合いは平日・土日でも対応致します。
・完全室内飼いでお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「夜と霧」そして「ドリームボックス」

作家・五木寛之さんが先月1月10日放送「週刊ニュース新書」にゲスト出演されてました。
この時代とどう向き合ったらいいのかを話されていたのですが、この放送を見終わった後もっともっと五木さんの考えを知りたくなって彼の本を数冊読んでいる日々が続いてました。
さて、そんな五木さんがお薦めだと言っていた1冊を今日読み終えました。
きっと名著なのでご存知の方もいるかもしれませんが、「夜と霧」著者:ヴィクトール・E・フランクルでございます。
(ぴよぴよはタイトルは知っていたけど読んだことがなかったのです)
これはユダヤ人大虐殺の現場となったアウシュヴィッツ(強制収容所)を経験した精神科医のオーストリア人による体験記なのですが、本人いわく医者としてではなく「119104」という一人の人間として体験したことを記録したことだと前置きに書いてありました。
辛い内容でしたが人間の心の風景が現代にも繋がっていることにハッとさせられ他人事ではない気がしました。
この記録文のなかでガス室の恐怖が繰り返し語られていることで思い出しましたが動物愛護センターのガス室(処分室)は『ドリームボックス』って名前で呼ばれててすっごく違和感があります。
どうして、炭酸ガス(だったかな?)による窒息死を行う部屋がその様なメルヘンな名称にしてしまうのでしょう。
「動物愛護センター」って名称もちょっと違和感を覚えます。

さて、そんなことぼやいていてもなんら進展しませんのでこれくらいにしてニーノさんと遊ぶことにしますcat

P1060578_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仔猫の生まれるシーズンに向けて   ~チラシ作成中~

大~きな段ボールが届きました。

宅配のお兄さんがその荷物を置いて帰るなり大王コッコロ君&大王に鼻を噛まれたゾウさんが興味深々寄ってきました。

Dm

cat んあ? なにコレー。 開けて開けて。

1000

chick はい大王様、開けましたよ~。
   ポケットティッシュ1000個入っていますw(゚o゚)w



・・・実はこれ、猫の里親募集のチラシを配るために用意したラベル印刷の入っていない販促用テッシュです。
猫仲間のHさんleo(ご協力有り難う。無理してないかしら?)と一緒にこのテッシュに入れるチラシを現在作成中というわけなんです。
店舗PRなどで活用されているのをヒントにした初めての試みです。

これまでぴよぴよの関わった里親募集では、猫を保護した後に飼い主さまを募集をしていたのですが、仔猫の成長は早くもあり、生後3カ月位の頃に貰われていった方が飼い主に馴れるということでしたのでこの度、里親募集活動も保護している猫がいなくてもしていきましょうと「横浜・地域猫を考える会」の代表者の方にご提案させて頂きました。

どうしても仔猫の生まれるシーズンは、一時預かり宅も不足してしまい結果的に保護した子を外に戻すということがあるそうなので、それを里親募集のチラシ効果で先手が打てれば外に戻す猫が減るのではないかと。
(猫の性質を見て去勢後に外に戻した方が良い子もいるそうです)

今回のチラシですが「でじにゃん」ぽち様のご好意に甘え、大切なお写真cameraを拝借して作成しています。
光栄にもリンクを張らせていただきましたのでコチラもしくは左下のリンク先からアクセスされてみて下さい。
”写真”というメデイアを通してたくさんの猫さんが登場しており、1枚1枚の写真から伝わってくるなんともいえない外猫達の愛おしい表情が忘れられませんclover

チラシは今月末に完成予定ですので出来上がったらブログでもご紹介していきます。

これから生まれる仔猫たちが1匹でも多く温かい家庭で暮らしていけるチャンスに繋がればいいなぁconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンタインの形

2月14日のバレンタインデーheart01が近づいています。
恋人たちの愛の誓いの日とされるそうですが、今年はこんな素敵なチョコレートを見つけたので自分用のも含めて買っちゃいました。

これは、フェアトレードチョコという、カカオの生産工場で奴隷労働を強いられている子供たちにも賃金を払ってもらえる市場にしようという願いが込められている品物なんだそうです。

気になるお味は、大手チョコレート会社よりも美味しいらしいです。
本来のチョコレートは夏場など暖かい気温の時は溶けてしまうのが当たり前だけど流通上それは不便なので溶けないように工夫されているようですが、今回のチョコはそのような工夫はせず流通も夏場はストップしているそうです!

パッケージも可愛いくてSweetな気持ちになれる気がしませんかconfident

P1060504
heartいろんな味の種類があります。
   右の牛さんイラストがとってもラブリー

P1060506

heart中身はこんなです。
  パッケージの裏にはメッセージがありました。

P1060508

clover「食べる人においしさを、つくる人にやさしさを。」



P1060511

バレンタイン、様々な祝い方がありますが
こんな愛の形も有りかニャ♪ 
~兄妹愛・大王&ニーノ~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋猫は大きくなるのが早い?

昨夜、昨年の9月に里子デビューしたトーティ(サビ)柄の子に会いに行ってきました。里親さん宅訪問です。

5カ月ぶりに再開した子はそれはそれは優しい顔つきになっていて、温かいご家族の愛情に包まれて元気でいましたheart02

あまりにも成長の早さに驚いて当時の写真を探してみたらありました。
洋猫ミックスだから大きくなる素質があったのですね!

camera 保護されていた時のユッケちゃん(当時の仮名はサァちゃん)
   長毛だけど、ちんまーりな体つきでした。

Photo

camera 5カ月後、こんなに成長!毛もツヤツヤ happy01
    
(椅子の下での撮影で暗め写真・・・)  

2

catcat 先住猫のミルクちゃんとも仲良しなんだそうです

Photo_2

これからも毎日たっぷり遊んで笑顔でいて下さい!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Yes,I can ?

「猫のボランティアしてるんですよね?」と真っ向に言われたら
ぴよぴよは「はい」とはいえません。

「猫ボランティアさんのミニボランティア」が正しい表現かもしれません。
実際、野良猫の現場を見ず、一時預かりや通院の手伝いも十分に出来ていないのが事実だから。。

大王コッコロとニーノにもこのジレンマ(平日はお仕事&家事、土日は家事で半日自由時間を作れる日がないけども隙間時間は作ることが出来るようになったけど猫ボラは思ったほど出来てない(ノ_-。))を聞いてもらったところ、

弱音を吐く私に大王は叱咤激励なのか猫パンチpunchとがぶりimpactと足を噛んできてニーノは私の足下でごろんと寝ころんでスヤスヤ寝込み始めてしまいました。

さて今日ですが、これから久々にボランティア代表Hさんと一緒に里親さん宅訪問をしてくることになりました。
なにかと猫通信など近況を教えていただいているせいか、日々野良猫のことが気がかりでなりません。

近々、猫仲間たちと一緒に作った里親募集のチラシを配ることになったので隙間時間を活用して配布しなきゃです。

cat配布にご協力して下さる方募集中cat
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物病院119番

昨日から「動物病院119番」という動物病院側hospitalから見たペットに関する本を読んでいます。
平成17年に発行された本ですが、同市内の動物病院の院長だったのとTBSラジオ「全国こども電話相談室」の動物の質問担当の方というので気になって・・・。

どうぞ、同じく気になって下さった方は読んでみて下さい。
ぴよぴよは図書館で借りてきましたbook

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »