« 図書館ねこデューイ | トップページ | 動物病院119番 »

収容された犬・猫殺処分は91.1%

1月27日、日本経済新聞を読んでいたらこんな記事が目に飛び込んできました。

ぴよぴよの大好きな、毎週土曜日のニュース番組「週間ニュース新書」(愛猫家必見)でも猫のまーご君が読み上げてくれないかと期待する記事です。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

        『犬猫収容施設拡充へ・環境省』
                     
                ~引き取り手と出会いの場に~

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

(以下、新聞記事一部抜粋)

環境省は2009年度から、飼い主のいない犬や猫を収容する施設(全国約400カ所)の新築や改修を後押しする事業を始める。
訪問者が犬や猫と触れあえる空間を設けるほか、スペースを広げて現在よりも長く収容できるようにする。
引き取り手と出会う機会を増やすための工夫で、やむなく殺処分される犬や猫を17年度末までに半減させたい考え。

(中本文は省略)

全国で収容された犬猫の行方(2006年度)
 
   
・殺処分            34万1063匹 (91.1%)
   ・新たな飼い主への譲渡   1万7515匹(4.7%)
   ・元の飼い主への返還    1万5854匹(4.2%)

動物愛護センターから犬猫を引き取る人も少ないと聞いていましたが、
まさか殺されている数が90%以上とは・・・

記事にも書いてありましたが、動物保護団体「地球生物会議」(東京)の野上ふさ子代表は「施設で犬猫をもらえることについて一般の認知度はまだ低い。
広報活動にも力を入れ、ペットを飼い始めるときの選択肢として定着してほしい」と話していたそうです。

そしてアメリカとの比較になりますが、ぴよぴよがあちらのペット用品を扱う大型店・PetSmartに行った時には犬・猫の里親探しボランティアへの開放スペースコーナーや美容室、また病院も設備されていました。

P10401061

P10401041

PetSmartで開催された (里親会)の様子
  ~仔猫を生んだので飼えない。
      母猫ごと飼育を放棄した飼い主から~

買い物のレジ清算の時など「募金も加算しますか?」と普通に聞かれ、クレジットカード払いの定員さんの居ないレジでもパネル画面に「1ドル募金されますか」と英語で表示されてて
「yes」「No」ボタンを選択するようなシステムに!

さすが、『犬猫は売るものではない!』との運動が盛んな動物愛護国です。

日本でも運動が

そもそも、今回の記事の背景には衆議院議員・松野頼久氏の努力が大いに貢献されております。
税金のムダをなくそうとしている方だったと思います。
松野議員は保健所で処分される犬猫についても熱く問題提起をされています。
詳しくはコチラ  http://www.matsuno-yorihisa.com/?cat=4

ぴよぴよの地域でも某議員がマニフェストで同じようなことで頑張っている方がいたので選挙の時投票しましたが落選してしまったのが残念です。

あぁ、財力と土地があれば・・・「のらにゃん保育園」を建設したーい

|

« 図書館ねこデューイ | トップページ | 動物病院119番 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収容された犬・猫殺処分は91.1%:

« 図書館ねこデューイ | トップページ | 動物病院119番 »