« 不妊去勢手術済の目印 | トップページ | 災害 ~ペットが犠牲にならないために出来ること~ »

そこに置いて帰りなさい

今から60年以上前の戦争で、飼っている犬や猫が供出命令で奪われていたという本を読みましたbook

学研から出版された「犬や猫が消えた」という児童向けノンフィクションで1時間もあれば完読できる書籍です。(ですが内容は一生心に残る気がします)

P1060020

pen「蓄猫 壱匹 右軍用毛皮供出トシテ正ニ受領候也」って当時の受領書が掲載

無知だったぴよぴよは読む前には「軍用犬にしたのかな?でも猫も軍用に??」とトンチンカンな疑問を持っていたのですが・・・・

殺されちゃうんですね。それも飼い主の前で撲殺で。weep

その後、軍需毛として兵隊さんの毛皮になるそうなんですが実際は殺されただけで放置されてた数の方が多いのではないでしょうか。

毛皮製品の歴史は古く、ある意味でそれらは一つの文化かもしれませんがアパレルメーカーの技術も進んだ現代ではリアルファーではなくフェイクで十分事足りるんじゃないかしら。
女優の杉本彩さんも裸になって訴えてましたよね。

これから寒い季節になります。
高級店で毛皮コートを見かける度に複雑な気分です。

話は本の内容に戻りますが、

もし自分が愛猫の供出命令を受けたらどうするか?

どこまで守れるかわかりませんが、山奥の奥の奥まで駆け落ちする覚悟です。

|

« 不妊去勢手術済の目印 | トップページ | 災害 ~ペットが犠牲にならないために出来ること~ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

ぴよぴよさんこんにちは
ドルフィン66はコメント初体験です。
よろしくお願いします。
以前から時々読ませて頂いていましたが、「猫」をこよなく愛し、深い愛情を注いでいるのを感じていました。特に「愛猫と駆け落ち」とはさすがですね。
個人主義化の殺伐とした世の中でとても元気づけられます。
これからもよろしく・・

投稿: ドルフィン66 | 2008年11月14日 (金) 10時49分

ドルフィン66さん、こんにちは!
「ドルフィン」という単語を見て海の中の生物たちのことも気になりました。きっと海や水泳などお好きな方なのでしょうね。
こちらこそよろしくお願いします。


投稿: ぴよぴよ | 2008年11月15日 (土) 14時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1102662/25235072

この記事へのトラックバック一覧です: そこに置いて帰りなさい:

« 不妊去勢手術済の目印 | トップページ | 災害 ~ペットが犠牲にならないために出来ること~ »