« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

クリスマス☆準備

ちょこっとクリスマスの飾りつけをしてみました。
もう12月になるのですね。

仕事帰りに夜空を見上げると、すっかり冬の星座snowに変わって
オリオン座がキレイでしばし見入ってしまっています。

Photo_3

eye 今年植えたコニファーが育ったのでデコレーション

Photo_4

xmas「サンタさん、トナカイ靴下に可愛いおもちゃ入れてね(ニーノより)

Photo_5

dog「サンタ君、がんも!」 (おとうさんより)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

首輪をする猫、しない猫(続き)

長らくお待たせしました、首輪事件の続きスタートです。

首輪が猿ぐつわ状態になったコッコロ君ですが、
1分1秒でも早く動物病院に連れて行きたいぴよぴよは焦りました。

なんとか穏やかに捕まえたいところですが、
彼は口をあんぐりと開いたまま
家中を 
スタタタdashスタタタdash と走り回っています。
終いには人間には手の届かない勾配天井の柱に・・・。

P1010036_2
camera勾配天井(電気傘もつけてない昔の写真)

ふと、時計を見ると夜7時になってます。
このままでは動物病院にも行けず終いか!!

あわてて行きつけの病院に電話をしましたが
「今日は木曜日のため休診です」との録音メッセージ。
他の動物病院も軒並み休診。

救急病院はありますがクルマで1時間はかかってしまう距離なので
それは彼の怪我の状況からしても避けたいのです。

cat駆け込みセーフ

自分の街の動物病院はどうやら毎週木曜日が休診日のようです。
(みなさんの街はいかがですか?調べておきましょう)
結局、隣町の動物病院に電話を入れたところ

病院側 「すぐ来れますか?診療時間外ですがお待ちします」
ぴよぴよ 「実は、捕まえられない猫なので
       すぐには無理ですが、20時までには・・」
病院側 「良いですよ。お待ちします」


ああ、良かった!一安心。
でもこれからが一大事 コッコロを捕まえなくてはなりません。

勾配天井に逃げ込んだ彼ですが、
高さ2メートル以上の場所からこちらを見下ろしてこちらの動きをうかがっています。
そしてぴよぴよは、テーブルの上に椅子を乗せたり脚立を用意して
手を伸ばすのですがことごとく敗北。

逃げるのが上手過ぎるんです。コッコロ君!

というわけで、
恥を忍んでご近所の方に家に応援に来て頂いたのです。
それでもなかなか捕まえられずだったのですが・・・
それでも知恵を絞って追い込み漁のごとくじりじりと捕まえることが出来たのです。

「コッコロぉ。口痛いよねぇ。」

言葉をかけつつ、応援に来て下さった方と
口に引っかかった首輪をハサミでチョッキンhairsalon
口の中になにか刺さってないか確認。

幸い心配していた出血は酷くなかったので
家での応急処置は不要の様子。
直ぐにキャリーにコッコロを入れて
タクシーを呼びそのまま隣町の病院へcar

hospital 診察してもらいました

口の中は・・・
 ・歯茎が腫れてピンクピンクな色
 ・首輪の金属部分が突き刺さった後はない
 ・出血は口の端だけど軽傷のため消毒は不要

処置してもらったこと
 ・化膿止めと安定剤の入った皮下注射を打ってもらう

獣医さんからのアドバイス
 ・2~3日中に行き付けの病院でも再度診てもらうこと
 ・ちょっとしたストレスでFIPが発症してしまうので気をつけること


house 病院から戻って自宅療養

コッコロ君はさすがに疲れたのでしょう家に戻ると
「ぐた~っ」 としてました。
それでも口の中がまだ痛いはずなのに、レトルトご飯と
お水をあげたら少し食べてくれました。

P1040541

riceball 暗闇の中、ゆっくり食べ始めました

翌朝、顔が腫れてきたようなので心配になり、
ぴよぴよは午前中だけ仕事に出掛け午後は
コッコロ君の側にいることにしました。

P1040530

weep 顔がこんなに腫れました。血の跡も・・・

P1040536

camera 首輪を取りたくてもがいた前足。痛々しい・・・

怖い思いをさせてごめんなさい。

愛猫の苦しみを自分の不注意で起こしてしまったこの事件、
ここに書き留めたのは同様の事故がたくさん起きていると
聞いたので書かせて頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続きが書けずにいます

お久しぶりです。

ここ1週間は旅などしてPC環境から全く離れておりました。
前回の続きをほったらかしにしていたので、お待ちいただいた方がおりましたら、ごめんなさい(ρ_;)。

(旅の最中のコッコロ君のおちゃめな様子はコチラでどうぞ)

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

あ、下がってるdown

今日久々に自分のブログを覗きました。
さすがに下がってましたね~。

右側に表示している「ブログランキング」がドドドドドっと。
今まで600~700位がこの7日間でいきなり
4桁台に突入しているとは!

ちなみにランキング表示をするようにしたのは、理由があったのです。
こちらに来て下さった方が他の猫ブログを知るキッカケになるのではと始めたのです。

ではもう、しばしお時間下さい。
続きネタが2つあるのでしたよね。
「首輪事件」と「キャットフード実験」が。

P1060168

camera 旅先で出会った猫ちゃん

P1060138

camera旅先でずっと一緒だった親友宅のマロ君

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首輪をする猫、しない猫

夏のことですが「コッコロ君血だらけ事件」がありました。

首輪を口に挟んでしまい猿ぐつわ状態になってしまったのです。
これまで首輪を5種類くらい試しましたが、上手に後ろ足などで引っ掛けて外すこと外すこと! 
関心するくらい器用に外すので困ってました。

触ることを許してくれないコッコロ君とプロフィールで紹介しましたが2年たった今でも相変わらず
 「俺に触れるニャ。噛むぞ、殴るぞ」 な状態です。

そんな中、事件は起きたのです。
仕事から帰ってきたぴよぴよの目の前でコッコロが顎が外れるくらいの大口を開けて口内から血をダラダラ流してこちらに
寄って来るではないですか。

近寄って見ると首輪が口に挟まって猿ぐつわしています。
一体何時間、コッコロ君がもがいて苦しんでいたのか判りませんが、とにかく捕まえて動物病院に行かなくちゃ!
いつの間にか私の目から涙が溢れ出てきてしまいました。

P1040352

cat こちらが問題になった首輪です
  (ベルトの穴式なのに器用に外してました。よほどの首輪嫌いかも)

首輪とは「一生君キミを守っていく」という証なのだと個人的に
こだわってしまった故に可愛そうなことを!

今までにも何度も器用に外していた首輪だったので油断してました。

P1020610_2

camera 一時預かりをしていた猫ちゃんも保護者さん手作りの
   首輪を着けてました。

~続きはまた次回~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

災害 ~ペットが犠牲にならないために出来ること~

平成20年秋の火災予防運動が今日までです。

11月9日から15日までの一週間、秋の火災予防運動が実施されています。
ぴよぴよも以前G君と話し合って家具の転倒防止や非常持ち出し袋を用意しようと決めました。
ですが、決めただけで全然進んでいません。

今は愛猫たちの3日分のフードや手当て用品そしてトイレ砂などが入ったリュックだけがすぐ持ち出せるよう枕元に置いてあるだけです。

入って入るものはたくさんあるのですが主なものを挙げるとザッとこんな感じです。1年に1回見直すようにしています。

camera(左)2匹が入るキャリーバック、(右)非常用catリュックです。
  コッコロ君が点検中。

P1060121

hospital リュックサックの中身(主なものだけ記載)

・フード3日分
・ペットシーツ
・猫砂
・タオル
・イソジン
・包帯
・リード
・新聞紙
・ウェットティッシュ
・ワクチン証明書
・ペットの写真
・ゴミ袋
・おもちゃ

一応用意はしたものの、実際災害が起こった時は愛猫と一緒に非難できる確率は少ないと思います。
まして、"家庭内野良のコッコロ君"は日頃触れることも出来ず、彼自身が怪我をして血を流して苦しんでいた時でさえ手当てしようと近寄っても逃げ回る手を焼く子ですから・・・shock

そんな訳で、
愛猫たちが迷子になっても自分が死んでしまっても飼い主としての責任を果たしたいなと「緊急カード」を真似て作ったカードがこちら。

Photo

このカードと愛猫の写真を一緒にして毎日持ち歩いているぴよぴよです。

「私にはこんなペットがいます」 とご近所や知人に知っていただくだけでも、突然の災害で迷子になって戸惑う動物が減るのではないでしょうか。

台風や地震のニュースがある度に、「動物避難所はあるかな?」「動物同行の非難を断られたりしてないかな?」とつい思いを馳せてしまいます。

camera アメリカに住む知人宅のワンちゃんとニャンちゃん

Coco

cat「ニーノに似てるけど別人(猫)です。ハリケーンカトリーナで迷子になったの。
シェルターに入った後、ここの家族になりました。ワンちゃんとも仲良しです。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

関係ないですが、
この立ち上げたばかりのブログも1カ月経ちました。
本来その日にあったことを書くのでは?
と言われましたがマイペースで書かせて下さい。

2回/週に更新目標ではありますが出来なかったりします。
訪問者の数がカウンター表示出来ると知った後、
右上に付けた機能ですがもうしき1000なのですねupwardright
思わす心がトキメキます。
読んで下さった方有難うございます
 o(_ _)oペコッ。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこに置いて帰りなさい

今から60年以上前の戦争で、飼っている犬や猫が供出命令で奪われていたという本を読みましたbook

学研から出版された「犬や猫が消えた」という児童向けノンフィクションで1時間もあれば完読できる書籍です。(ですが内容は一生心に残る気がします)

P1060020

pen「蓄猫 壱匹 右軍用毛皮供出トシテ正ニ受領候也」って当時の受領書が掲載

無知だったぴよぴよは読む前には「軍用犬にしたのかな?でも猫も軍用に??」とトンチンカンな疑問を持っていたのですが・・・・

殺されちゃうんですね。それも飼い主の前で撲殺で。weep

その後、軍需毛として兵隊さんの毛皮になるそうなんですが実際は殺されただけで放置されてた数の方が多いのではないでしょうか。

毛皮製品の歴史は古く、ある意味でそれらは一つの文化かもしれませんがアパレルメーカーの技術も進んだ現代ではリアルファーではなくフェイクで十分事足りるんじゃないかしら。
女優の杉本彩さんも裸になって訴えてましたよね。

これから寒い季節になります。
高級店で毛皮コートを見かける度に複雑な気分です。

話は本の内容に戻りますが、

もし自分が愛猫の供出命令を受けたらどうするか?

どこまで守れるかわかりませんが、山奥の奥の奥まで駆け落ちする覚悟です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

不妊去勢手術済の目印

耳先がカットされたノラの猫ちゃんを公園で見かけることがあります。
これは地域猫で「この子は不妊去勢済みです」と一目でわかるように獣医さんが手術中(麻酔中)に行う海外の愛護団体でも認められている方法です。

そして最近知ったのですが、
   .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 右耳先がカットされているのはオス
 左耳先がカットされているのはメス

   .。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

なんだとかw(゚o゚)w(地域や病院によって統一されているかは不明)

不妊去勢手術に関しては市からの推進事業が広まったこともあり、お住まいの区施設で助成金が下りるなどのサービスがありますので、愛犬、愛猫さんでご予定のある方は問い合わせてみてはいかがでしょう。

ノラの猫ちゃんも対象になるところもありますのでご興味のある方は問い合わせてみて下さい。

ちなみにぴよぴよの地域は申請1人につき2頭目まで5000円の補助が出ますが、ボランティアをしていると2頭なんてあっという間・・・
申請前の手術は助成の対象外となるそうです。

P1030312

catあたちも助成してもらったのよ。(写真2007.11ニーノ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おうちがないんだ

今年の春に出会った一冊で「地域猫」のすすめ
~ノラ猫と上手につきあう方法~というのがあります。

猫ちゃんで迷惑をしている人と猫ちゃんを助けたい人とが話し合いを持ち猫の問題を地域の問題として解決してより良い町にしていこうと某保健所の職員である著者が書いた一冊です。

「地域猫」を実現するまでの道のりが書かれているのでとても興味深く読みました。
動物が生きづらくなったように思える今の社会、皆さんはどう思われますか?

☆猫の会
その本との出会いで「磯子区猫の飼育ガイドライン推進協議会」という事務局があるのを知り、もっと詳しく知りたくなったぴよぴよは、平日休みが取れた日に区役所に行って詳しくお話しを聞いてきました。
実際、その区民ではない私ではありますが・・・

詳しい内容につきましてはコチラ

P1060049
cloud気温13℃。里親会が開かれてます

P1060052
diamond家族にしてとずっと甘えていた子

P1060057
diamond兄弟猫ちゃん。一緒に貰われると良いな

P1060062
mail地域猫活動をPRするティッシュも配布

11月9日、今日の里親会は小雨。
ぴよぴよは主催者様や他のボランティア様と情報交換させて頂きました。
有難うございます。頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動物の血液型は

突然ですが、猫にも血液型があるそうです。

ぴよぴよの愛猫たちは動物病院で血液検査を何度かしてますがそんな診断はカルテに書かれていません。

この血液型の情報源は、某動物病院のHPで獣医さんが記載してたのを最近読んで知りました。
世の中の猫ちゃんはA型、B型、AB型の3種類あるのだとか。

あれ。何か足りなくないですか・・・・

そう、O型がいないのですcoldsweats02
その某動物病院では犬猫の献血受付や輸血もしているので確かなことだとは思うのですが、
その文献によるとこんなことが書かれてました。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

          A型 ・・・8割近く
          AB型・・・1~2割
          B型 ・・・1割

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

猫の世界もA型が多いんですね~。
もし自分の愛猫が輸血が必要な事故を負った時、B型だったらちょっぴり心配。
不足してるんじゃないかな・・

どなたか愛猫ちゃんの血液型を調べた方がおりましたら教えて下さい!

ちなみに、動物病院によっては献血も行っており、献血してくれたお礼に血液検査を行って下さるところもあるようです。

体重の少ない子は難しいのでスリムはニーノちゃんは献血無理(4、5キロ以上が献血可能だったかな?)ですね。

P1040042

virgo「私、3.4キロよ。」 採血中のニーノちゃん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »